最新の補助金や助成金の動画をまとめてます!もちろんコロナ特別対応型の情報もまとめております!

④起死回生を狙った「助成金セミナー」開催!

筆者は、開業して間もない1か月半後の2010年5月に府中の商工会議所の会議室を借りて無料助成金セミナーを自主開催しました。

(1) 助成金セミナーを開催した理由
開業して1か月経過しても助成金の提案をする先がほとんどない状況でしたので、多少焦り始めました。
そこで、助成金セミナーを開催して見込み客を獲得することにしました。セミナーに集客して提案するほうが個別に会社を回るより効率的と考えたのです。

(2) セミナー開催準備
場所は、会議室料が安く駐車場もあるので、事務所の近くにあるむさし府中商工会議所を借りました。集客方法は FAXDM を活用しました(FAXDMによる集客については第3章で後述します)。事務所所在地の周辺の事業所、約4,500社に FAXDMを送信し、7社がセミナーに申込みをしてくれました。

(3) セミナー開催前の不安
セミナーを開催した時点では、当然ですが筆者は助成金の申請をした経験は1社もありませんでした。つまり、助成金申請をしたことがない状況で助成金セミナーを開催し講師をしました。
まったく助成金のことがわかっていなかったので、そのときに一番不安だったのはセミナーで受講者から質問されることでした。「今まで何件助成金申請をしたのですか?」とか「いつから社労士をしているのですか?」と質問されたら、なんと回答しようと思っていました。
まじめに答えたら、「1件も申請したことはありません」、「先月から
開業しました」です。
これを聞いたら、誰も顧客にならないと思っていましたが、良い切り返し話法が浮かばないままセミナーを実施しました。幸いなことに、そういう質問はありませんでした。助成金セミナーの講師をするのだから当然、実績はあるだろうと参加者の方が思ってくれたからだと思います。

(4) セミナー開催
セミナーに申込みをしていた受講者7名全員がそろい、いよいよセミナーを始めました。しかし、頭の中が真っ白になったので、何を話したのかはほとんど覚えていません。
セミナーで説明する助成金は、厚生労働省のホームページを検索してピックアップしました。資料も厚生労働省に掲載されている資料から自分なりにまとめたものを配付しました。その資料を棒読みしてなんとか90分のセミナーを終了しました。

(5) セミナー終了後から顧客化へ
筆者はセミナー終了後、参加した7社に連絡を取りました。4社に個別訪問することができ、そのうち、なんと3社が顧客になりました。
さらに、そのうちの1社が知り合いの会社を3社紹介してくれて、結局1回のセミナーで6社と契約することができました。
そのときに、「助成金ビジネス」の凄さをまさに実感しました。これで「助成金はいける」と確信したので、その後も徹底的に助成金を提案していきました。

>補助金申請代行サービス

補助金申請代行サービス

補助金の申請のプロ!社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社が確実な書類を作成致します! 補助金や助成金の申請代行をさせて頂いております。確実に採択を勝ち取る!

CTR IMG