ものづくり補助金申請方法やの最新補助金情報を動画でまとめています!行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社ではものづくり補助金申請代行サービスをさせて頂いております!

障害厚生年金3級と障害手当金

【びんぷう社労士事務所】https://binpusr.com/kenkyuu/

今回は
『障害厚生年金3級と障害手当金』のお話をいたします。

前回は障害厚生年金の1級と2級でしたので、
それよりも軽い症状の年金と一時金のお話となります。

1級と2級の場合であれば国民年金からも併せて
障害基礎年金が貰えます。
しかし、障害厚生年金3級と障害手当金の場合は貰えません。

1)障害厚生年金3級
3級に該当する障害の状態とはどんなものか?

・ 両目の矯正した後の視力で0.1以下の状態
・ 両耳の聴力、40センチ以上離れると話す声が聞き取れない状態
・ そしゃく又は言語の機能に相当程度の障害を残している状態

などがあります。

障害厚生年金3級の金額は、2級と共通の計算式です。
老後の年金である老齢厚生年金と同じということです。

違う点は、3級には最低保障58万4500円が設定され、
年金額がこの金額に満たない場合には最低保障額を
貰うことができます。月額にすると約48,700円ですね。

また、1級と2級には配偶者がいる方への
加算額が3級にはありません。

2)障害手当金
初診日から5年以内に治り、
3級よりも軽い症状の場合には
障害手当金が用意されています。

3級と同様の計算式で算出した金額の
2倍を一時金として貰えます。
最低保障額もあり116万9000円となっています。

なお、国民年金や厚生年金、労災の障害補償給付など
障害に関するお金をすでに貰っている場合には、
障害手当金は貰えないことになっています。

ご参考になれば幸いです。

>補助金申請代行サービス

補助金申請代行サービス

補助金の申請のプロ!社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社が確実な書類を作成致します! 補助金や助成金の申請代行をさせて頂いております。確実に採択を勝ち取る!

CTR IMG