最新の補助金や助成金の動画をまとめてます!もちろんコロナ特別対応型の情報もまとめております!

家賃支援給付金、7月14日から申請出来るみたいですね。

「家賃支援給付金」

店舗家賃に対する支援金です。

7月7日の経済産業省から、案内が出ています。

7月14日から、オンライン申請出来るようです。

青色申告、白色申告で、やや違うようですが、基本、1ヶ月の収入が5割減、連続3ヶ月3割減だと、できるようです。
白色なら、売上を12で割った数字の1ヶ月5割減、もしくは、3ヶ月連続3割減ならばOK。

提出書類は、持続化給付金とほぼ一緒です。
(確定申告書第一票、e-Tax受信通知、2020年売上台帳など)

3月31日時点で、賃貸借契約していること、3ヶ月分家賃支払いしていること。
今時点でも借りていないと駄目。
家賃減額されていたら、その1番安い金額になる。

家賃滞納ならば、1ヶ月分は支払ってからの申請。

賃貸借契約書も必要。更新していたら2枚必要。

住居兼事務所もOK。
事務所用の地代家賃として税務申告している分。

管理費、共益費も、賃貸借契約に含まれていればOK。

親戚から借りているは、OK。
自分、夫婦、親子から借りている場合は、NGです。

引っ越した場合は、引越し前と引越しあとの両方が必要。

2019年創業の方にも特例があるようです。

2020年創業の方は、まだどうなるか出ていません。
(OKの方向で検討中との事)

家賃の3分の2か、3分の1の半年分が支給されるようです。審査1ヶ月くらい。

詳しくは、経済産業省のホームページをご覧下さい。

7月14日から来年1月15日までです(確定)。

楽読鳥栖スクールは、2020年3月オープンなので、まだ該当しません。
該当する方は、ぜひ、申請してみて下さい。
楽読鳥栖スクール
https://rakudoku-tosu.com

経済産業省
https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

@やのへい

>補助金申請代行サービス

補助金申請代行サービス

補助金の申請のプロ!社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社が確実な書類を作成致します! 補助金や助成金の申請代行をさせて頂いております。確実に採択を勝ち取る!

CTR IMG