ものづくり補助金申請方法やの最新補助金情報を動画でまとめています!行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社ではものづくり補助金申請代行サービスをさせて頂いております!

公募要領の読み方

(1) 公募要領とは
補助金の公募にあたって公開される要項が公募要領である。

ものづくり補助金の申請に必要なことはすべて公募要領に書かれている。逆にいうと、公募要領さえよく理解し、詳細にわたってよく確認すれば、ものづくり補助金申請は誰でもできるともいえる。
これらを熟読のうえ、常に詳細まで確認しながら応募申請にあたりたい。

(2) 公募要領の理解
① 補助金の重要用語
公募要領では、すべての用語の定義が説明されている訳ではない。

また、一般的な用語と異なる意味で使われている用語もある。用語の意味を勝手に解釈して、申請書類作成や応募方法などを誤ると不採択になる危険性もあるので注意が必要だ。そこで、公募要領でよく使われる下記のような専門用語の意味をあらかじめ理解しておけば読み誤ることもなく、確実である。

②説明会への参加
ものづくり補助金では、通常公募開始と同時に補助金事務局の主催による説明会の日程が発表される。説明会では、公募要領をもとに応募にあたって間違いやすい点や、前回までから変更となった点などを中心に説明が行われる。誰でも無料で参加できるため、短期間で満席になるケースも多い。できるだけ早めに申込み、参加したい。

>補助金申請代行サービス

補助金申請代行サービス

補助金の申請のプロ!社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社が確実な書類を作成致します! 補助金や助成金の申請代行をさせて頂いております。確実に採択を勝ち取る!

CTR IMG