ものづくり補助金申請方法やの最新補助金情報を動画でまとめています!行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社ではものづくり補助金申請代行サービスをさせて頂いております!

サポイン(戦略的基盤技術高度化支援事業)

サポインとは

サポイン(戦略的基盤技術高度化支援事業)というのは、サポーティングインダストリー (下請け企業)の略です。 日本経済を支える下請けの技術力を強化するための補助金です。
サポインの目的は、日本のものづくりの「競争力強化」と「新たな事業の創出」で、2000件を超える採択実績があります。

単独申請はできず大学等と連携が必須

サポインは、中小企業が単独で申請するのではなく、大学や公設試験研究機関等と連携して申請する点が特徴です。
研究開発機関と連携して行う研究開発、試作品開発、販路開拓を最大3年間支援してくれます。
ちなみに、このように研究機関との連携が必須となるため、公募が始まってから研究機関と連携準備をしていては間に合わないことから、通常、公募開始前に開始予告が出されます。
公募開始前に予告が出されるからこそ、事前の情報収集が他の補助金に比べ大事になってきます。
ひんぱんにホームページを確認して、しっかりとした申請準備をしてください。

サポインの対象事業

サポインの対象となる事業は、ものづくり高度化法第3条に定める「特定ものづくり基盤技術高度化指針」に記載された内容に関する研究開発等になります。
研究開発系の補助金のため、研究開発を伴わない販路開拓のみの事業は対象外となります。 あくまでも対象となるのは、「製品化につながる可能性の高い研究開発、試作品開発及び販路開拓への取組みまで」の段階になります。 そして、「事業化までの道筋が明確に描けているもの」を対象としているため、審査でもその点がポイントとなってきます。

補助額9750万円!

サポインの魅力は、「3年間で9750万円」という多額の補助金を受けられる点にあります。
この金額は、中小企業向けの補助金としてはトップクラスなので、非常に魅力的です。
もっとも、高額な補助金だからこそ、非常に狭き門でもあります。 採択率自体は、約400%なので通常の補助金と変わりませんが、そもそもエントリーしている企業のレベル感が高いため、競争は激しいといえます。

サポインの補助額・補助率・補助事業期間・補助対象経費

・補助上限額9750万円(3年間) ※単年度上限4500万円
・補助率 2/3以内 ※大学・公的研究機関等は定額(100%補助)
・補助事業期間 2年又は3年
・補助対象経費 物品費、人件費・謝金、旅費、委託費など

サポイン事業申請の流れ

①研究開発計画の作成
※「中小企業の特定ものづくり基盤技術の高度化に関する指針」に沿った計画が必要。

②実施体制の構築
※単独申請ができないため共同体を構成する必要。

③電子申請利用登録の確認
※申請は府省共通研究開発管理システム「e_Rad」による電子申請のみとなります。

④申請書類の作成

⑤電子申請にて書類提出

>補助金申請代行サービス

補助金申請代行サービス

補助金の申請のプロ!社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社が確実な書類を作成致します! 補助金や助成金の申請代行をさせて頂いております。確実に採択を勝ち取る!

CTR IMG