ものづくり補助金申請方法やの最新補助金情報を動画でまとめています!行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社ではものづくり補助金申請代行サービスをさせて頂いております!
muratayoutube
AUTHOR

muratayoutube

C社(印刷業)の事例

(1)会社および補助事業の概要 【会社概要】事業内容:印刷業(技術系文書制作、部品カタログ、操作マニュアル)【事業計画名】3Dデータを用いた高品質のカタログ、マニュアル画像制作サービス【事業計画の概要】顧客から提供を受けた3DCADデータをもとにモデリングやレンダリングを活用して3DCGアニメやVRデータなどの技術マニュアル、パーツカタログ、プロモーション向け3DCG画像を制作・提供するサービス。 […]

B社(情報サービス業)の事例

⑴会社および補助事業の概要 【会社概要】業種:情報サービス業資本金:1,000万円従業員数:5名 (いずれも申請時点) 【事業計画名】名種カードリーダー、モニター、タブレット端末を組み合わせたサービスアプリの開発 【事業計画の概要】非接触 IC カード、バーコード、QR コード、磁気カード等それぞれを読める市販のカードリーダやさらには大型モニターを市販のタブレット端末に接続し、参加できるスタンプラ […]

A社(金属部品製造業)の事例

(1) 会社および補助事業の概要 【会社概要】事業内容:金属部品製造(機械部品、什器・建築内装部品)資本金:1,000万円従業員数:12名 (いずれも申請時点) 【事業計画名】3D スキャナーと 3D データを用いた建築内装部品製作の事業化 【事業計画の概要】3D スキャナーによる現場測定に基づく3次元データを用いて、製作図面を自動作成し、デザイン性の高い店舗向け内装用金属部品を一貫して効率良く製 […]

採択後の支援ポイント

支援内容を応募申請だけに限定する場合以外は、ものづくり補助金採択後も、補助金請求・交付までは手続き面を中心に支援対象になる。さらに、認定支援機関には本来の目的である事業化段階での成功へ向けた支援も期待されている。少なくとも、利用できる販路開拓支援制度の紹介や、金融機関であれば資金需要へ対応する新規与信支援などは最低限検討したい。 ≪採択発表から交付までの支援策≫(1)採択発表時の対応 採択結果の発 […]

支援における事業計画書作成の留意点

(1)事業化を見据えた計画具体化 対象事業の計画が具体的でないことや、購入予定の機械装置をどのように活用するのか明確でない場合がある。そのようなケースでは事業計画書の作成以前に、事業構想から計画具体化へ向けての検討が必要だ。本来は事業者自身が考えるべきことだが、支援者としてもアドバイスすべき本質的課題であり、ある意味力量が試される。その際に、事業者の想いや事業の目的に沿って考えることが重要だ。例え […]

外部データ・資料の収集

(1)外部データ・資料の必要性 マーケティング関係などの外部データ収集については不得意な中小企業経営者も多い。支援者としては、事業計画書の中で市場規模の推計や具体的なニーズの存在を客観的に示す外部データや資料を独自に収集する必要がある。製品・サービスの対象市場に関する外部データは、収益性や継続性の評価に必要だ。統計情報など、対象市場に関係する外部のマーケティング関連データをインターネットなどでのリ […]

ヒアリングと資料依頼のポイント

(1)経営者自身について 経管者自身の経歴や事業に対する想いは、補助金の申請にあたって意外と重要だ。新しい事業への意気込みやそれまでの経験が事業の成否に影響するので、審査ではその点にも注目する。なぜこの対象事業にチャレンジするのか、どうして実現できるのかは経営者の想いの強さや力量にかかっているともいえるからである。ヒアリングを通じてその点を理解し、事業計画書へ反映させる。経営者の強い想いを示すこと […]

事業計画書作成支援の手順

(1)ヒアリングの重要性 事業計画書の作成は、支援者と事業者の共同作業である。実際に事業計画書の作成を請負うとしても、事業者に随時確認しながら行うべきである。仮に、支援者の「作文」による事業計画書で補助金に採択されたとしても、計面を実行するのは事業者自身である。しかも、計画通りに事業を実行し、支出も計画通り行わない限り、当然ながら補助金の請求・受領はできない。そこで、事業者の想いや事業構想とのズレ […]

経営者と対象事業理解のポイント

(1)対象事業者の現状把握 まず対象事業者の業歴や業種、事業所所在地、組織形態、既存事業の事業内容、財務状況などの現状把握が前提になる。業績や財務状況があまり芳しくないケースでは、審査においてもマイナスである。採択されても資金不足で事業を実施できないこともあり得るので、実現性が疑問視されるためである。財務基盤も審査対象になるので、借入過大や債務超過、連続赤字の場合は、具体的な改善策が示せないと評価 […]

支援の流れと留意点

ものづくり補助金に関する支援には不採択のリスクがあるため、引き受ける前に支援先を予備ヒアリングによってある程度見極めることが必要だ。そのうえで、どこまでの範囲を支援するのか明確に定め、スケジュールを確認してから支援に着手する。 (1)支援目的と全体の流れ 税理士や地域金融機関が行う補助金活用支援は、補助金への採択を手伝うことが直接の目的だとしても、最終目的はあくまで事業の成功と事業者の成長発展を支 […]

>補助金申請代行サービス

補助金申請代行サービス

補助金の申請のプロ!社会保険労務士 行政書士事務所 労務コンサルティング株式会社が確実な書類を作成致します! 補助金や助成金の申請代行をさせて頂いております。確実に採択を勝ち取る!

CTR IMG